MENU

過払い金請求って何?主婦でもお金が返ってくるの?


「利息の負担も大きくて借金の完済がなかなか出来ない・・・」と、過払い金請求の手続きを検討している主婦の方へ。

主婦の方は、お金の管理を任されることが多いため、家計のやりくりの中で借金返済を負担に感じることが多いのではないでしょうか。
そんな時にCMなどでも見かける「過払い金請求」で、金利の負担が軽減するかもしれないという公告をみると、メリットしかないように感じます。

しかし、この「過払い金制度」にもメリットとデメリットがありますので、きちんと内容を理解をした上で手続きをする必要があります。

最近良く聞く過払い金請求って一体なんなの?

過払い金請求とは、金融会社に余分に支払った利息分を返還してもらう手続きのことをいいます。

2010年以前は、今も有名な多くの消費者金融・クレジットカードのキャッシングなどで、高い上限金利で利用者から多くの利息を取っていた時期があります。その結果、私たちは気がつかずに必要以上の利息を支払っていました。
多くの賃貸業者が当たり前のように利息制限法を違反した高い上限金利で融資をしていたということもあり、その後、その問題について裁判となり、賃貸業者が利息制限法で決められた金利に違反し、利用者から利息を多く取りすぎていた事実が認められました。そして「過払い金請求」の手続きにて、これまでの余分に支払っていた利息分を返還してもらえるようになりました。

現在は、貸金業法の改正により上限金利の引き下げが行われたため、2010年以降の借入に対して過払い金請求を行っても、利息の返還があったとしても少ないといえます。
※過払い金請求で帰ってくる利息分の金額は2010年以前に借り入れを行って「グレーゾーン金利」と言われる金利設定で返済を行ってきた方のみです。グレーゾーン金利は現在では完全になくなりましたが、この金利で借り入れを行っていない限りっ過払い金返還の手続きを行うことはできません。

過払い金請求のメリットとデメリットは?

過払い金請求はいい面も悪い面も持ち合わせている制度です。過払い金請求をする前に、メリットとデメリットを理解しておきましょう。

過払い金請求は金融制度の中でいう「債務整理」の手続きとなるため、信用情報に異動登録をされる可能性があります。
(債務整理とは:過払い金返還請求、任意整理、自己破産、個人再生の手続きによって、今ある借金の額を減らし、金利の負担を軽減します)

【過払い金請求のメリット】
・過去に余分に支払った利息が返ってくる可能性があります。
・現在も返済中の方は借金総額が減る可能性があります。

【過払い金請求のデメリット 】
・信用情報に異動の情報が登録された場合、新たな借入れ(マイカーローン、住宅ローン、おまとめローンなど)ができなくなります。
・取引をした金融会社の借入れが今後出来なくなる可能性があります。

過払い金請求で信用情報に異動情報が登録される条件とは

過払い金請求は、貸金業者が違法な金利によって余分に利息を取っていたということが問題である為、その返還は当たり前のことといえます。

現時点で、金融庁でも「過払い金は貸金業者が自主的に返還する必要があり、信用情報機関に載せる情報ではない 」と表明をしており、以下の条件に当てはまる場合は、信用情報に異動登録をしないこととなっています。

・完済している過払い金返還請求の場合
・現在も返済中の方で、過払い金請求後に残債がなくなる場合

ただ、現在の借金の返済をしている方で、過払い金請求をした後も残債が残ってしまう場合は、「任意整理」と同じと判断され、異動情報が登録されてしまいますので注意しましょう。

複数のローンがある方の過払い金請求とおまとめローン

おまとめローンとは、複数のローンをお持ちの方で、今までの金利や返済額の軽減を目的として、ローンを一本化をするサービスです。
おまとめローンで一本化した後に、過払い金請求をすることで、完済した金融会社で利息を多く支払っていた場合は「利息の返還」がある場合があります。

注意点として、「おまとめローン」「過払い金請求」のどちらともを希望する方は、必ず「おまとめローン⇒過払い金請求」の順番で手続きをしてください。
誤って過払い金請求の手続きを先に行ってしまうと、債務整理の情報が信用情報に異動登録されることで、その後の金融会社の借入れ(新たな借入れ・おまとめローン・住宅ローンなど)ができなくなります。

過払い金請求は借金返済に困っている方におすすめ!


主婦の方の借金の負担を軽減するための手段として、過払い金請求について取り上げてきましたが、メリットとデメリットの部分が理解できれば、過払い金請求を行っても問題ないのか検討しやすいです。

信用情報に登録される心配がない方(上記を参考)であれば、面倒ですが一度手続きをして頂くこと、そして、現在も借金の返済に追われ生活が困難になっている方は、過払い金請求をし、状況によって任意整理などの必要な手続きをすることをおすすめします。

もし、信用情報に債務整理に関しての異動登録がされた場合の登録期間は5年です。
その間、新たな借入れはできなくなることや、同じ金融会社での借入れもできなくなる可能性はありますが、現在の借金の問題を解決することが何よりも大切なのです。

毎日、借金返済について苦労するよりも、過払い金請求などを含めた債務整理で今よりも生活が楽になる方が、ご自身の負担も軽くなるでしょう。