MENU

パート主婦なら消費者金融!便利にすぐ借りる方法

働く主婦が増えていく中、主婦でもアルバイトやパートなどで安定収入があれば申込みができる「消費者金融カードローン」や「銀行カードローン」がどんどん増えています。きちんと働いてさえいれば、主婦の方でもお金を借りることができるのです。

今回は、「とにかく急ぎでお金を借りたい」という主婦の方におすすめの消費者金融カードローンについてご紹介します。
「おすすめといっても消費者金融は銀行より金利が高いのでは?」と思った方。
確かに消費者金融の金利は銀行よりも高いです。しかし大手の消費者金融では「無利息期間サービス」を設けており、初回の利用のみ利息がかからない期間があるため、利用方法によっては銀行よりもお得に借入れができるのです!

では、銀行カードよりお得に便利に利用するための方法を分かりやすく説明していきましょう。

初回・短期間の借入れには無利息期間サービスがおすすめ!

無利息期間を設けている金融会社の多くが消費者金融となり、銀行カードローンは一部を除いてほとんどありません。

無利息期間サービスをお得に利用するには【初回の借入れ+短期間の返済が可能】が条件となります。無利息期間サービスは初回限定のため、お得に利用ができるのは1回だけ!
無利息期間内に完済できるのが一番お得ではあるのですが、無利息期間を過ぎても短期間で返済ができれば、銀行カードローンよりも利息が低くなります。

返済の目処がたっている借入れや、今回一回だけ急ぎで借りたいという単発の借入れを希望される方は無利息期間のある消費者金融カードローンがとてもおすすめなのです。

無利息期間を過ぎた2回目以降は、短期間で返済が可能な借入れが多い方、利便性の高さを重要視する方であれば、消費者金融カードローンを便利に利用することもできるでしょう。

無利息期間サービスの疑問・いつまでに完済できれば利息がお得になるの?

無利息期間がお得になるのは「短期間の借入れが条件」ですが、一体いつまでに返済すれば銀行カードローンよりお得になるのか、実際に利息の計算をして比較をしてみました。

利息の基本的な計算方法は【借金×年率÷365×借りている日数】です。
実際に、消費者金融と銀行のカードローンでかかる利息をおおよそですが比較してみました。(一円未満の単位は切捨て/年率は平均値/一ヶ月30日で計算しているため、正しい数字ではありませんが目安にしてください)

<例>10万円の借入れ、返済期間を1か月〜5ヶ月目の利息

消費者金融:年率18.0% 無利息期間30日有り
10万円×0.18÷365×30 =1,479円(1ヶ月の利息)
1ヶ月目(無利息期間)0円 2ヵ月目1,479円 3ヵ月目2,958円 4ヶ月目4,438円 5ヵ月目5,917円

銀行:年率14.0% 無利息期間無し
10万円×0.14÷365×30 =1,150円(1ヶ月の利息)
1ヶ月目1,150円 2ヵ月目2,301円 3ヵ月目3,452円 4ヶ月目4,602円 5ヵ月目5,753円

比較すると、無利息期間がお得になるのは、返済期間が3ヶ月前後です。6ヶ月以上は銀行のカードローンのほうがお得になっていくのが分かるでしょう。
結果、無利息期間がお得になる期間は1〜3ヶ月くらいといえます。

無利息期間の落とし穴!損をしない為借り方って?

無利息期間を十分に生かすために気をつけて頂きたいのは、無利息期間が「いつから」開始されるかです。うっかり見落としてしまうと勿体ないので、申し込みの際に必ずチェックしておきましょう。
下記の「無利息期間のある金融会社」を例にすると、アコムは契約日から最大30日間であるため、契約完了後できるだけ最短で借入れをしなければ損をするということです。
急ぎでの借入れを希望していない方は、利用日から30日の無利息期間があるカードローンを選びましょう。

■無利息期間が人気の金融会社(初回の借入れ限定)
<例>
・アコム:契約日の翌日から、最大30日間無利息
・プロミス:初回利用日から、30日間無利息
・新生銀行レイク:契約日の翌日から、5万円まで180日間無利息、もしくは、借入れ額全額が30日間無利息を選択

消費者金融を便利に使う方法まとめました!


無利息期間サービスをお得に利用するための条件についてご理解いただけましたでしょうか。

簡単にまとめると、
*短期間の借入れは「無利息期間サービスのあるカードローン」
*長期間の借入れは「低金利の銀行カードローン」
が適切ということがいえます。

消費者金融のスピード融資や利便性の高さは銀行カードローンよりも比較的優れています。
金利が高いけれど、初回の無利息期間は利用者にとってとても魅力的でしたので、今回は、そのサービスを生かせるおすすめの利用方法としてご紹介させて頂きました。

働く主婦の方も申込みを良しとしているカードローン会社も増え、以前よりも借入れしやすくなっています。消費者金融の無利息期間を含めた利便性の高いカードローンを選ぶのか、低金利で安心の銀行カードローンを選ぶのかは、自身の状況に合わせてを選んでいただくとよいでしょう。