MENU

旦那に借金があっても専業主婦はお金を借りれる?

「専業主婦でも利用ができるカードローンを持ちたい!けれど、旦那様には他社にも借金がある・・・」と申込み前から悩んでいる方のために。
カードローン利用をする際に旦那さんの借金はネックになる場合もあります。特に専業主婦の方だと収入がありませんので、旦那さんの収入が借り入れとかぎとなっています。
しかし、旦那さんに借金があったとしても借り入れができないというわけではありません。旦那さんに借金があっても専業主婦が借り入れできる方法を紹介します。

収入のない専業主婦の方がカードローンを持つ方法は2つあります。
@専業主婦の方も申し込みを可能としている銀行カードローンを申込む
A配偶者貸付を可能としている消費者金融のカードローンを申込む
個人には収入が無いため、「配偶者に継続した安定収入がある」ことが、申し込みの必須条件となります。しかし、その配偶者に借金がある場合、借入れ金額にどのように影響するのでしょうか?そもそも借入れ自体できるのでしょうか?

消費者金融カードローンと銀行カードローンでは、内容に多少の違いがありますが、それを踏まえたうえでこれらの疑問について詳しく解説していきしょう。

専業主婦の申し込み・他社にも借金がある場合の借入れ上限額について

専業主婦の借入れの場合、金融会社は、家計を共にする"夫婦の借入れ"とし、配偶者の収入を元に融資が可能か審査をします。つまり、専業主婦のあなたに個人の収入が無かったとしても、配偶者に安定した収入があれば借入れができるということです。ただ、配偶者に他の金融会社からも借入れがある場合は、その借入れ上限額も変わってきます。

消費者金融の場合
総量規制の例外「配偶者貸付」として、夫婦の収入を合算した年収の3分の1の借入れが可能となります。旦那さんに他社の借入れがある場合は、夫婦の年収3分の1から旦那さんの借金総額を差し引いた金額が夫婦の合計借入上限額となります。

*計算方法
<年収の3分の1>-<旦那さんの借入総額>=夫婦の合計借入上限額

例:旦那さんの年収300万・借金A社30万、B社20万の場合
<300万÷3分の1>-<A社30万+B社20万> ⇒ 100万−50万=借入上限額50万
結果、夫婦で借りられる金額は全額で100万円の為、追加でお金を借りられる枠は50万円となります。

銀行カードローンの場合
総量規制の対象外である為、各銀行が指定する「専業主婦の借入枠」の中で借入れの金額が決まります。(最高限度額は大体30万〜50万ほどであることが多い)
⇒借入れの金額は、配偶者の年収や借金の状況によって「専業主婦の借入枠内」で限度額ガ決められるため、他社に借金がある場合はもちろん限度額も低くなります。

基本的に、消費者金融カードローン・銀行カードローン共に、配偶者の年収や他社の借金状況によって借入れ限度額が変わるという点は共通です。審査には各金融会社の独自にルールも加わるため、借金状況よっては審査に通らない可能性も高まります。

配偶者の借金によって借入れができなくなるパターンとは

基本的に、配偶者に他の金融会社の借入れがあったとしても、専業主婦の借入れ自体は可能です。しかし、以下の問題がある場合は借入れが困難になります。

・配偶者が働いていない(安定した収入がない)
・多重債務、滞納などで信用情報に問題がある(ブラックリスト)  
・配偶者の借入総額が年収の3分の1を超えている(消費者金融カードローンが対象)
・複数の消費者金融のカードを持っている(銀行カードローンが対象)

専業主婦の申し込みでは、家計を共にする配偶者の信用情報や年収、返済能力の有無などを審査するため、配偶者に返済能力がないと判断されれば、専業主婦であるあなたの申込みも審査に通過することはできず借入れもできません。

専業主婦でカードローンを利用する場合の注意点

専業主婦の方がカードローンを利用する場合は、配偶者に頼るしか術がありません。
配偶者の借金は、あなたの借金と同じですので、一緒に生活を共にしている以上、夫婦のお金の管理はとても大切です。

カードローンを申し込む場合、「現時点であなたと配偶者の借金がどのくらいあるのか?」「他の金融会社の返済残高はどのくらいあるのか?」という部分は事前に確認しておく必要があります。配偶者の年収や借入れ状況に問題がなければ、専業主婦の方でも心配せずに申し込みをして問題ないでしょう。

しかし、夫婦の借入れ状況があいまいであったり、分からないという状態での申し込みはおすすめしません。
カードローンは、上手に利用すればとても便利に役立てられますが、人によっては「お金の管理が苦手なタイプ」もいます。カードローンで失敗しないためにも、夫婦できちんと相談しあいながら申し込みをしましょう。