MENU

主婦のキャッシング先はどこがおすすめ?

専業主婦でもパート主婦でも、家計を預かる主婦は普段からお金の管理に責任が出てくるものです。
そんな主婦だからこそ時には友達とのランチや旅行で日ごろ溜め込んでるものを発散させたいときもありますよね!
でも現実を見るとお財布の中にも口座の中にもそんなに大きく使えるお金がない…

自分は働いていない専業主婦だからと言って、
パートの収入だけでは贅沢できないからと言って、
・気軽にランチに行けない
・欲しいものが買えない
・旅行にいけない
・趣味にお金が使えない
・コンサートに行けない

等、我慢をしていませんか?

欲しいものは我慢して後から買うことはできますが、コンサートや旅行は今でなければ行けないものです。
さらには突然の冠婚葬祭の費用が用意できない!なども長く主婦をやっていれば出てきますよね?
そんな専業主婦の方やパート主婦の方の為に
「専業主婦・パート主婦」の方が借りやすいカードローンサービス
をまとめてみました。

家族にばれずに借りるには。。。
申し込みをしてすぐに借りるには。。。
持っていると便利なローンカードはどれか。。。

主婦として頑張るあなたのキャッシングに対する疑問を解消していきましょう。

専業主婦の借入は銀行カードローン!

お金を借りるときに思い浮かぶ言葉は「キャッシング」や「カードローン」という言葉だと思います。
お金を借りるということで、借りる先は消費者金融しかないと思っていませんか?
実はこれは間違いで、貸金業の名前を持っているのは「消費者金融」「信販会社」「クレジット会社」等の会社のことを貸金業者というのです。

ここまで言えば何が間違いか分かりますよね。
消費者金融でお金を借りることは貸金業者でお金を借りることになるのですが、銀行カードローンを利用してお金を借りれば貸金業者から借りたことにはならないんです。
つまり、銀行でキャッシングを行ってしまえば貸金業法の範疇外となるため、専業主婦の方でもキャッシングをすることが可能です。

主婦におすすめの銀行カードローン

専業主婦も銀行カードローンで借り入れをすることができます。しかし、どんな銀行カードローンでも良いというわけではありません。収入のない主婦だからこそ銀行カードローンを使うときに気をつけないといけないこともあります。
数多くの銀行カードローンの中でも特に専業主婦・パート主婦におすすめな銀行カードローンを厳選してランキングにしてみました!
これを読んでぜひ主婦キャッシングの参考にしてみてください!

専業主婦がキャッシングをする方法

専業主婦の方は基本的に無収入なので、社会的な信用がありません。
特に銀行カードローンはキャッシングやカードローンの中でも審査が厳しく、いくら専業主婦が借りれるといっても審査通過ができなければ実際にお金を手元に置くことはできません。その為、専業主婦の方は収入のある方とは違った方法でお金を借りる必要があります。

専業主婦がお金を借りるには旦那さんの同意書が必要ってホント?

専業主婦のキャッシングで最も大きな壁ともいえる旦那さんにお金を借りたことがばれること。
これだけはどんな方でも避けたいと考えていると思います。

実はこれは借りる業者や銀行によって旦那さんの同意が必要な場合と要らない場合があるのです。
銀行カードローンなら同意書が要らない場合も!
銀行カードローンでお金を借りるとき、ほぼ100%の銀行では安定した所得があることを申し込みの条件としています。
ですが、実際には専業主婦が借り入れできるサービスを用意していたりもするので専業主婦キャッシングでまず考えるべき借入先は銀行カードローンとなります。

同意書が必要かどうかの点は申し込みをする先の銀行によって変わるため、家族ばれの心配がある方は同意書の必要ない銀行カードローンでキャッシングをする必要が出てくるのです。
しかし、たとえ専業主婦の方が借り入れできたとしても、安定した収入のある方と同じようにお金を借りることはできません。
専業主婦は無収入なので、借入額に制限が課せられるのです。
※専業主婦の借り入れ上限は多くの銀行で30万円とされていますが、場合によっては50万円まで借り入れできるところもあります。
消費者金融で借りるには100%同意書が必要!
例えば消費者金融で借りることを想像してみてください。先にお伝えした情報では専業主婦は消費者金融でキャッシングを行うことはできません。しかし、総量規制には配偶者貸付という総量規制の対象に当てはまらない、言わば抜け道のようなものが存在するのです。
※配偶者貸付とは旦那さんに許可を得て同意書を提示することで消費者金融での審査時に旦那さんの年収で審査を行う制度のことを言います。

この制度によってっ専業主婦の方は消費者金融でも借り入れすることができますが、大手消費者金融のアコムやプロミス、モビットといった場所は配偶者貸付を受け付けない消費者金融ですので借り入れをすることができません。
専業主婦の方で消費者金融でキャッシングをしたい場合には中小企業の消費者金融で配偶者貸付を行っているところで借り入れをするしかないのです。

パート主婦なら借り入れはもっと簡単!

パート主婦の方はご自身で安定した収入を獲得しているので、借入先の制限がありません。消費者金融でも銀行カードローンでも好きなところを選んでお金を借りることができます。
※審査通過できるかどうかは別です。収入はあれど、その金額が少なければ少ないほど信用は小さいものと考えてください。
銀行カードローンや消費者金融など、様々な借り入れ先がある中で収入の少ない専業主婦の方が確実にキャッシングを行いたい場合、借入先は消費者金融になってきます。

カードローンやキャッシングの審査は、借り入れをする場所によって審査の厳しさが変化します。
一般的に【銀行>信販会社>消費者金融】の順で審査が厳しい為、収入が少なく信用の薄い主婦の方が借り入れを行おうと思うと消費者金融が一番確実に借り入れができる場所となるのです。

ただ、消費者金融での借り入れを考えたときには弊害も生まれます。それは「金利が高い」ということです。
消費者金融は借りやすい代わりに、金利を高く設定しています。(現在日本の法律で定められる金利の上限は20%です。)
※出資法と利息制限法で定められている上限金利は2010年の貸金業法の改正により引き下げられました。この金額を上回る金利で営業を行うと、その業者は行政処分を受けることになります。

借りやすい代わりに高い利息を払うことで借り入れが可能な場所が消費者金融なのです。
しかし、消費消費者金融を利用して借り入れするメリットもあります。それは初回借り入れの際に無利息の期間を設けている消費者金融もあるからです。
無利息期間のサービスは始めて借り入れする人に対してとても嬉しい制度ですよね。
今月後3万円あれば乗り切れるのに。。。
ボーナスまで後5万円あったらすぐに返せるのに。。。
など、借りても給料日やボーナスですぐに返せるあてがあるのであれば無利息期間を利用して借り入れをすると無駄な利息を支払うことなく借り入れを行うことが可能です。
カードローンは世間体としてはあまりよくありませんが、うまく利用して生活をしている主婦の方もたくさんいます。
使いすぎには注意をしなければいけませんが、お金を友人から借りたり親戚から借りたりするのは交友関係に傷を付けかねません。そういった理由でカードローンをうまく使って生活をしている方も多くいらっしゃるので、現代ではカードローンでキャッシングを行うことへの偏見も以前と比べたら薄くなってきています。

パート主婦は銀行カードローンでは借りれないの?

そういうわけではありません。
しかし、パートの年収となるとその金額はある程度低く見積もられてしまう為、借り入れする為のハードルが高いことと借り入れ金額の上限が少なくなることが考えられます。

ですが、借り入れをするなたやはり銀行カードローンがおすすめです。
低金利の銀行カードローンでキャッシングを行えるのであれば、それに越したことはありません。
いかに消費者金融が無利息キャンペーンなどを行ったとしても、長期的なスパンで見たら銀行カードローンに勝るメリットではないのです。
まずは銀行カードローンに申し込みをしてみて、審査に通らなかったら消費者金融に申し込みをするという順番が理想です。

専業主婦キャッシングで絶対にしてはいけないこと

専業主婦のキャッシングでは多くの方が旦那さんにばれることを心配しています。
このような事実は銀行側からしても周知の事実ですし、理解のある部分でもあります。
旦那さんにばれないような借り方はあります。でも、してはいけないことをしているかどうかで借り入れできるかどうかに問題が生じるのです。

多重申し込みは絶対に避けて!

旦那さんにばれないように借り入れをできる場所は探せばいくらでもありますが、実際のところ信用のある大手の銀行だと数が少ないです。
なので、数少ない銀行の審査に通る為に全ての銀行で申し込みをしようとする方がいます。
実はこれ、借り入れの時には絶対にしてはいけない多重申し込みというタブーな行為なんです。
多重申し込みは簡単に説明をするとブラックリストに載る行為だという認識を持っていただけたらいいと思います。
多重申し込みをした後半年間はどこからもお金を借りることができなくなるので、注意をしてください。

旦那や家族にばれずに借りるにはどうしたらいいの?

主婦の方は専業主婦で収入がなかったりパート主婦で収入が少なかったりしますよね。そんなあなたが借金をしているなんて旦那さんや家族にばれるわけには行きませんよね。
そんな不安を抱えていてもキャッシングをしないと生活がうまく回らないときもあるでしょう。大丈夫です。旦那さんや家族にばれないキャッシング方法はあります。

ばれずにキャッシングする方法って?

旦那さんや家族にばれずにキャッシングをするには、web完結で申し込みのできるカードローンを利用したキャッシングを行うことがポイントです。間違っても郵送や電話で申し込みをすることは止めてください。ばれないキャッシングの基本は郵便物無し・家の電話に連絡無しでキャッシングを行うことになるからです。
web完結といっても、webで申込ができるカードローン全てがweb完結のキャッシングができるわけではありません。カード受け取りが郵送になってしまえば旦那さんや家族にばれるリスクも出てきてしまいます。
web完結でばれずにキャッシングをするなら、web申し込みで銀行振り込みをしてくれるところか自動契約機を持っているカードローン業者で借入をする必要があります。
ばれないキャッシングの注意点
お金を簡単に借りることができると「お金はカードから無限に引き出せる」という錯覚を起こしてしまいます。
実際にカードローンでこの錯覚を起こして自己破産に追い込まれた方も数多くいます。
専業主婦の方は返済が滞ると自宅に書類や電話が来て旦那さんにばれる可能性が非常に高くなってしまうので注意しましょう。